2008年02月24日

夜行バスのメリット

 夜行バスのメリットを考えてみると、やはり夜の時間、寝ているあいだに目的地に到着している、というように、時間を有効活用させてくれるところにあるのではないでしょうか。

 夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいいますし、そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っています。


 たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもありますが。

 高速バスなどの長距離を運転する「夜行バス」には2名の乗務員が途中のサービスエリアで交替しながら運転していくことになっています。ただ短距離の場合は途中で乗務員が交替したり、1名の乗務員が途中で長い休憩をとって運転することもあるようです。最も長いところでは福岡から東京までの1,100km以上の道のりを約14時間かけて走行していくものもあります。

 それだけの距離を移動する時間を、仕事やレジャーなどの生産的な時間としてつかうことができる、というのは、いそがしい現代人にとって、どれだけ大きなメリットとなるでしょうか。

 格安夜行バスを利用する側にとってみれば、夜寝ている間に移動を行い、朝には現地に到着しているという感じなので、現地で時間を有効に使うことができて大変便利ですよね。さまざまな工夫がなされたシートは快適でおまけに運賃は他の交通手段に比べるとはるかに安いので、かなりお得な交通手段だといえるでしょう。

 格安夜行バスは、夜寝ている間に現地まで格安で運んでくれる本当に便利な乗り物です。時間は有限ですしお金も有限です。運賃がやすい夜行バスは、その時間とお金を無駄遣いしないようにしてくれる夢のような乗り物なのです。
posted by ばすばす at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。