2007年10月06日

格安夜行バスの歴史

 格安夜行バスが規制緩和により運賃値下げの時代をむかえている今、もしかすると変化のときを迎えているのかもしれませんね。

 私たちは価格だけではない夜行バスだけの醍醐味をもう一度再認識して、バス会社は乗客は決して価格だけで夜行バスを選んでいるわけではないことを理解していただきたいと考えています。

 そんなわけで(どんなわけだ 爆)格安の時代をむかえている夜行バスの歴史をちょっと振り返ってみます。夜行バスの魅力を再認識していただけたらと思います。


  • 格安夜行バス-夜行バスの歴史@

  •  夜行バスの歴史はじつは意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていたそうです。
     当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだったそうです。

  • 格安夜行バス-夜行バスの歴史A

  •  そんな夜行バスに、一大転機が訪れたのは1980年代の後半でした。

     福岡の西日本鉄道が大阪の阪急バスと組んで1983年に夜行バスの運行を開業しました。そして1986年に新型車両を導入した福岡と大阪を結ぶ「ムーンライト」号が現在の夜行バスの先駆けとなりました。

     「ムーンライト号」が現在の夜行バスの先駆けとなったというのは、従来タイプの2人掛けシートではなく、1人1人各席が独立している大きく背もたれがリクライニングするゆったりとしたシート、トイレはもちろん自動車電話も装備するなど当時の常識では考えられないような豪華さを誇る新型車両であったからです。 

  • 格安夜行バス-夜行バスの歴史B


 そのような豪華装備にもかかわらず運賃が飛行機や新幹線などに比べはるかに安いということもあって、「ムーンライト号」はまたたく間に大人気となったそうです。

 同じ年には東日本でも東京と弘前(青森県)を結ぶ「ノクターン」号が開業し、これも大人気となったのでした。



 昔の夜行バスは、現在と違い、ふつうの路線バスと大差ないものだったんですね。そんなゆったりした車両での旅は、結構いいものです。

 改めて、夜行バスのいい面を再認識してみませんか?
 
posted by ばすばす at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。